top of page

今月の新柄は豪華な金襴づくし4種類!



毎月新柄が登場しております、omamolink専用ケース。


本体がすっぽりと入るサイズ感や和小物のような水引ゴムはもちろん、豊富な柄からお好みのものをお選びいただけるのもこだわりポイントです。


2023年最初のケース新柄は、ゴージャスな金襴生地を用いたおめでたいモチーフ尽くし


ニューフェイスの柄や色に込められた想いをご紹介させていただきます。


七宝繋ぎ文

両端の尖った長楕円形をつなぎ合わせた紋様は、おめでたい吉祥紋様とされています。

「円のつながり」=「縁のつながり」ということから、人と人との和の大切さ・良縁に恵まれるという意味も。また、連続する模様が限りなく続くことから「子孫繁栄」という意味も込められています。

モダンで明るい色合いと金色の刺繍糸が華やかです。





利休梅

渋く落ち着いた色合いに散りばめられた「利休梅」のモチーフが目を惹く、どこか大人っぽい佇まいです。

リキュウバイ(利休梅)は中国原産の落葉低木で、春に美しい白い花が開花します。古くより茶花としても愛されてきました。利休梅の花言葉は「控えめな美しさ」「気品」。清楚な白い花は持ち主に品をもたらしてくれるはずです。




鱗形宝尽くし文

富に恵まれ、宝のありかを知らせ宝を守ってくれると崇敬されている「鱗形」の紋様の中に福を招く小槌、お守りやお金、香料などを入れる袋である金嚢、ありがたいお経などが書かれた宝巻や秘伝が書かれた巻軸などを入れる筒守など、彩り豊かに織なしたおめでたいモチーフが勢揃いした柄です。

それぞれのアイテムは金運や願いを叶えるといった意味を持ち、持っているだけでワクワクするような柄です。





鳥獣戯画

鳥獣人物戯画または鳥獣戯画とも呼ばれるこの絵柄は、京都市右京区の高山寺に伝わる紙本墨画の作者不詳の国宝絵巻物。動物や人物をコミカルに描いたもので、その手法をモチーフに今ではさまざまな雑貨などに展開されている人気の絵柄です。

現代の漫画・アニメのルーツとして高く評価されています。個性派や芸術的センスの感度が高い方におすすめです!




色や柄に込められた意味を知るとますます愛着が湧くかもしれませんね。

ずっと一緒に持ち歩くものだから、少しでも心がときめくように。omamolinkをぜひ、ドレスアップしてみてください!







閲覧数:876回
STAY CONNECTED

omamolinkの最新情報やお得な情報を

LINE公式アカウントでお知らせしています。

​ぜひ友だち登録をお願いします。

​こちらからお問い合わせも可能です。

LINE_APP_iOS.png
bottom of page